夏の思い出2022

4月にコロナ後遺症になって、認知機能や身体機能が低下してしまったので、今年の夏は子どもたちをどこにも連れて行ってあげられないかなーって思っていた。でも、意外にも思ったより回復してきたし、仕事もパートで活動量を抑えてるので2022の夏も休みの日は例年と同じくらい子どもたちを遊びにつれていってあげることができた。まだ十分に体力がないので登山は自信がない。子どもたちをアウトドアに連れ出すことは、コロナ後遺症復帰の自分自身にとっても良いトレーニングになっているような気がします。「疲れては→回復し→疲れては→回復する」みたいな。自然が相手だと肉体が疲れるだけで心は疲れず癒されてるから良い♪自然が良い影響を与えてくれると良いが。。。

深江海水浴場(6/18)
子どもたちと近所の子と私の母を連れて海の家へ。後遺症復帰後、初のアウトドアだった。日差しがあっても海の家があるので疲れないだろう。何かアクシデントがあっても慣れた場所なら対処できる。ほとんど海の家の日影にいた。

深江海水浴場(7/10)
ほんとは観音の滝で川遊びする予定だったが、スズメバチの巣のため目的の場所にはいれず。急きょ、先日いった深江海水浴場の海の家。近所の子とそのパパと一緒にいるから大丈夫だろうと。今回は私も海にはいって泳いでみた。頭までつかって海でデトックス♪体全体からマグネシウムと日光を吸収するぞ!

荒尾グリーンランド花火大会(7/17)
3家族で遊園地の花火大会へ。今回は、自然ではなく人ごみの大勢がいるところ。子どもたちとママ達は朝の開園から入園し、パパは夕方から入園。一日だったら体力的にもたなかっただろう。久しぶりの3家族行事で子どもたちも大喜び。昼もいいけど夜の遊園地もキラキラしてて雰囲気いいですよね。花火大会のときだけの限定ですが。


嘉瀬川親水公園(7/23)
近所の子を連れて、佐賀県の嘉瀬川へ。今年初めての川遊び。毎年いっている七山観音の滝がスズメバチで封鎖されているので、新しい川遊び場を開発するためにGoogleマップを調べまくった。わりと良い川遊びスポットなのに、あまり知られてないみたい。おススメスポットです。水質はまあまあ、岩にコケ多し。なんでだろう、温泉成分がでてるからか?きれいすぎるよりもちょいと汚いくらいのほうが免疫力は強くなる。浅めだけど今の私の体力には丁度いい。

基山ハイキング(7/31)
海、川のつぎは山!登山はムリなので、低山ハイキング。まずはこれくらいの山から慣らしていこう。ここは昔の山城である基肄城跡なのです。頂上の手前の斜面がめちゃめちゃキツい。45°は絶対あるよね。うしろにひっくり返りそうになる。都市よりも海山が好きな子どもたち。道中には不動明王やら薬師如来やらの仏像がたくさんあった。優しい顔や憤怒の顔に手をあわせる。神仏への祈念もヨガです。

嘉瀬川親水公園(8/7)
先日いった嘉瀬川親水公園の400ⅿくらい上流のほう。河川プールになっていて小さい子も遊べるところがある。こんなに楽しくてイイところなのにうちら以外だれも遊んでいないという穴場スポット。佐賀市富士町はもっとココをアピールすればいいのに!もったいない!って思った。ここは川の淵になっており岩屋から飛び込みができる川遊びスポット。近所の悪ガキたちくらいしか来なさそう。淵の岩屋付近は深さが3ⅿ近くあると思われる。私の3m以上の大岩からまっすぐ飛び込んでも足がつく気配がない。川遊びのあとは真横に「熊ノ川温泉 元湯」がオススメである。


⑦基山ハイキング→天拝湖公園(8/17)
子どもたちがまた登りたいと言ったので、近所の子たちも連れて、またまた低山登山。その後は天拝湖公園で遊ばせる。私は木陰で読書。友だちがいれば、私は自由に本が読めるのでWinWin♪まだ前みたいに、子どもたちとバレーボールやバドミントンをしたりするほどの体力はない。山の天気は変わりやすく、頂上で大雨。屋根のあるところで弁当をたべて下山するころには晴れとなる。山の天気はかわりやすい♪雲の動きがよくわかるね。

泉水キャンプ場(8/20)
毎年行っている九重のキャンプ場。今年初めてのキャンプ。ここは景色もいいし比較的安価だし温泉があるのでよく利用する。やっとキャンプができるくらいまで体力がもどった。キャンプは荷物の出し入れや準備に体力を使うので良いトレーニングとなる。キャンプでカレーを作るのは定番。最近は家でも料理を手伝ってくれる子どもたち。この日、春日市では雷がすごかったとのこと。九重も夜は少し雨がふって夜中は雷がピカピカして眩しくて寝れないくらいだった。雨の日のキャンプもなかなか趣があってよろし♪子どもたちにも良い経験となる。町田バーネット牧場のソフトクリームもうまし♪

夜須高原記念の森(8/27)
5月の終わりくらいに、一度、子どもたちを連れて行こうとしたけど、なんか自信がなくなって途中で引き返した。車で行く途中に春町の桜並木くらいで心臓がドキドキなって怖くなったんだ。だから、今回はまたリベンジ。近所の子どもたちも連れていく。今回はそれくらい体力に自信がある。ヨガアワーで鍛えてるから。途中、お弁当のヒライで昼ご飯を買って公園でたべる。みんな嬉しそう。子どもたちは勝手に遊んでくれるので、私はひとり東屋で読書がはかどる。子どもたちはせっかくの夏休みなのに外が暑すぎて遊べない。夜須高原までくると、街よりも3℃ほど涼しいので外遊びができる。夏休みなのに外で遊べないなんて、今の子どもたちは可哀そう。昔は、夏休みのあいだじゅう、いちにちじゅう遊んでいたのに。だから、このご時世、海や川や山に子どもたちを連れ出す意義がある。

初崎キャンプ鷹島玄海エネルギーパーク玄海海上温泉パレア(9/10)
久しぶりの3家族イベント。今年2回目のキャンプ。ここも毎年利用するキャンプ場。泉水もそうだけど、毎回利用するってことは良い場所ってことだろう。お店だってそう。美味しいところには何回もいきたくなるもん。高くて質が高いのはあたりまえ!安くて質が高いからリピートしたくなるのだ。お得感がマシマシで快楽物質がでてくるんだからさ♪ここの良いところは海水浴場がすぐそばで歩いて2分。今回はひとも少なくてほぼ貸し切り状態。なのに1500円!まぢか!
11時についたので海辺でお弁当。そして今年最後の海水浴。パパ二人がかりで子どもたちを海に投げ飛ばしたり、馬になって海へジャンプ。もう一人のパパは釣りというの名のゴミ掃除。夕方からはテント設営してBBQとカレーライスの準備。ビールを飲みながら。まだまだ残暑はきつい。夜は海のそばで花火。さいきんは住宅地で花火するのもなにかと気ぃ遣うからさ。

 

翌日は鷹島にわたり、名物のアジフライバーガーを堪能。ボリュームがあってめちゃめちゃ旨いのよ。アジフライが2枚はいって400円ばい!安くない?そこから玄海エネルギーパークで原子力発電所の勉強タイム。ここの公園の遊具はふつうの公園の遊具よりもちょっと面白い。さいごは海上温泉パレアで二日間の汗を洗い流す。お湯は洗剤はいってんのかい!ってくらいめちゃめちゃヌルヌルよね。そりゃ転倒する老人も続出するやろ!ってくらいお肌すべすべ。

以上が2022夏の思い出。

4月のころからは、考えられないくらい体調が回復してきました。Twitter上では「コロナ後遺症」や「ワクチン長期副反応」で2年以上苦しんでいるひとが多く散見されます。それを考えると私は順調に回復しているほうなんだと思います。私の場合、初期は安静+Bスポット療法+抗酸化配合剤。2か月目に休息+活動+パート勤務。とくに3か月目の8月からは重曹クエン酸水が効いているような気がします。まぁ、体力回復のベースにはヨガがあるんでしょうけど。

秋は登山ができればいいなぁ♪